国際言語としての英語

国際言語としての英語

英語は、イギリスで発祥した言語で、世界で一番多く使用されています。イギリスでは、国の言語として扱われていますが、地域によっては、英語以外の言語が主流の場合もあります。英語が国際言語として、世界中に広まったのは、アメリカがきっかけでした。英語が世界中に浸透しはじめたとき、実はイギリスの世界に対する影響力はそこまで強くなかったのです。

当時、アメリカは勢力を急速に拡大しており、世界でも重要な役割をもつ国になっていました。イギリスは20世紀中盤以前、植民地を多くもっており、イギリスの言語である英語が植民地に普及していました。その植民地のひとつであったアメリカは、英語を国の言語として使用していたため、世界にも英語が共通語として浸透していったのです。共通語になるにあたり、またなったあとには、イギリスやアメリカを優遇させることにつながるという理由から、反対の声もありました。しかし、共通語の存在は必要な上、一般的に普及しつつある英語をわざわざ選択肢から外すメリットはないために、現代での共通語としての確立を確かなものにしたのです。

英語は単純性が高いため、共通語にするのに適した言語だったと思います。特に、日本語は難しい言語といわれていますしね。

    注目情報

  • あらゆるレベルの方に対応できる語学力の高い講師陣が充実している東京にあるOnly塾の中国語の教室は、無料体験コースから気軽に参加できるonly塾のコースを利用してみてください。惰性でやっている無料体験コースではなく、むしろ無料体験だからこそ生徒の時間を大切にしたいと考えて全力で取り組んでもらえるのでとても評価できます。東京池袋に立ち寄る機会があれば特に何かを持っていく必要もなく気軽に参加できるので興味のある方は是非参加してみてください。

Copyright(C) ザ・英語勉強法 All Rights Reserved.