日本での英語

日本での英語

日本では、英語が広く普及しています。英語が世界共通語ということもあり、外国人が頻繁に利用するであろう場所の文字には、英訳が記されていたりもしますよね。日本語英語などといって、英語を日本語化したような言葉も生まれ、わたしたちは日常の中で一般的に使っています。キャッチボールやライブハウス、フリーキックなどがそうですね。カタカナで表したほうが、見やすくて簡潔に伝えられるメリットがあります。

英語は小学校のときから、授業に組み込まれています。そのため、日本人は小さい頃から英語に対して馴染み深いです。しかし、日本の教育では、英語の会話能力よりも、文法などの読解能力を重視しているため、会話能力に乏しい傾向があることが難点です。実際の生活においては、専門性のあること以外で英語の読み解きをする機会はありませんし、英語のコミュニケーション能力のほうが重要なのではないかと思います。

しかし、専門性のあることでは、英文を書くこともあるでしょうし、読解能力の重要性が高いため、日本の教育機関ではそちらを考慮して、読解能力の向上を優先させているのかなと思います。英語のコミュニケーション能力も、外人と接する機会がない人にとっては、重要性が低いですからね。

    管理人のお薦めWEBインフォメーション

  • 授業のための準備時間は2倍!がモットーの真剣に中国語を学習したい人にぴったりの中国語教室 東京を探しているなら習熟度や学習ペースを考えて多彩なコースから授業を選べるonly塾がおすすめです。比較的時間に余裕のある方には短期集中型の鬼コースが用意されており、内容的にはハードになっていますがその分確実に中国語のスキルをアップさせることができます。授業後の講師のサポートが厚いコースでもあり真剣・短期間で中国語をマスターしたい方には良いコースですので良かったら詳細を聞いてみてください。

Copyright(C) ザ・英語勉強法 All Rights Reserved.